トリアに連続照射が出来る機能が付いているとは(汗。

説明書はキチンと読んでから使用しましょう。

連続照射するとトリアでのお手入れ時間が格段にアップします!照射もれも少なくなり効果もアップすると考えます。取扱説明書は隅々まで読みましょう♪
たしかに2011年に取り扱い説明書を読んだ時には、しっかりそこを読んでいました(汗。イラストもなんとなく覚えています。日を改めて再度使用し始める時は、もういちど取扱説明書の隅々まで目を通すべきでした。

スライディング照射(連続照射)モードとは、トリアを肌にあてたままスーーーっと動かすだけで「ぴっ・ぴっ・ぴっ・ぴっ・ぴっ・ぴっ・」と切れ間なく、レーザーが照射されるというモードです。

一回いっかいトリアを肌から離して、再度あてるを繰り返す場合(ポイント照射モード)だと「ぴっ・・・ぴっ・・・ぴっ・・・」と、そんな間隔でのレーザー照射になってしまい、お手入れの時間もかかります。さらに肌からレーザー面を一旦離すので、照射漏れもでてきやすいです。

この連続照射モードでは、線で機械をあてて動かすので照射漏れがとても少なくなります。あまり早く手を動かすと、半円ずつズラして照射しなければならないところが大幅にずれてしまいますので使いながらコツを掴むと良いと思います。

どのくらいの時間でお手入れができるのか

片方の膝下で、約5分で完了しました。「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X」の取扱説明書には、お手入れの部位により照射回数の目安がかいてありましたが、膝下は片方600回、所用時間片方25分〜30分とあります。⇒ トリア公式サイト

私が試した感じでは「スライディング照射モード」で膝下600回で30分もかかりません。1分間に60回以上は確実に照射されていますので、10分以内に終わる計算ではないでしょうか。次使用する時には、何分かかったのか照射回数を数えながら時計をみて計っておこうと思います。^^

「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X」には、新機能である照射回数を計るカウンターがついているのでとても便利そうです。私はまだ液晶が壊れたままの「トリア・パーソナルレーザー脱毛器 プラス」を使っています(汗

交換をお願いしてみようかなぁ〜。液晶部分が割れた手元のプラスと新製品の4xとの交換代金が2万円ちょっとだそうですので、少し悩みます。

トリアって、痛いと聞くけど?痛みはどのくらいなのか

連続照射でお手入れするとひざ下で10分もかかりません。トリア・レーザー脱毛器 プラスを使っています♪

私は、まったくといってよいほど痛みを感じないタイプのようでした。今は、5段階のうちの3でやっています。初めてのお手入れは、1でやってみて次のお手入れの時に2、そしてその次に3、と徐々にならして行くと良いのかなと思います。

次回のお手入れでは「4」で照射してみようと思っています。^^

処理ができた毛に対しては、どんどん痛みが少なくなるとのモニター結果もありますし、特に男性など毛が濃い人は痛みを感じやすいとのメーカーさんからの説明もあります。

男性のひげについては「冷却しながらおこなってください」と注意書きがあるぐらいですので毛根が太いと思う場合は、保冷剤などでの冷却をおすすめします。

毛が濃いということは黒い部分が多いので、強めに照射されてしまったレーザーにおどろいた肌の火照りを解消する意味でもあるとおもいます。

01.png