足や手の指毛にも使いやすい!トリアの脱毛器プレシジョン

指の毛をお手入れし忘れたときの商談ほど痛いものはない(汗

私の仕事では、面談での商談もたまにあります。普段のほとんどがディスクワークでの作業を事務所にてこもってやる仕事なので元々あまり自分の容姿を気にしたりはしていませんでした。

ある日、電話で突然きまった商談の席へ向かい、意気揚々と作成した資料を見せながら説明をしていると・・・なんと!!資料の中の文字を指差した自分の指に!!!!ムダ毛が沢山生えているのに気づきました。うぅ。

お客さまとは、頭がくっつく位の距離に向かい合わせで座っていました。
「うぎゃぁぁぁ、み みっともない(汗」と心の中で叫びましたが、時既に遅し。自分からもはっきり指毛が見えるので、お客さまからも見えていた事は確実です。

なんとか無事に商談は成立したものの、かなり冷や汗をかきながら指毛を隠しながらの商談でした。忘れもしません(汗。

指毛撲滅宣言(笑)

カミソリで沿っても、毛穴が見えるのでブツブツがみっともないです。レーザー脱毛をするとするりと毛が抜けて、皮膚の中の毛もなくなるので毛穴が小さくなって目立たなくなります。

剃るだけではダメ!毛穴も見えなくしたい!美しい指になりたい!

意外とみっともない足の指毛

意外とみっともない足の指毛

指輪をしていると更に目立つ手の指毛

指輪をしていると更に目立つ手の指毛

トリアの4xで指の毛のお手入れもできますが

トリアの4x(左)とプレシジョン(右)、さて小回りが利くのはどちらでしょうか

トリアの4x(左)とプレシジョン(右)、さて小回りが利くのはどちらでしょうか

600gのトリア4xを使うのと200gのプレシジョンを使うのとでは、細かい箇所のお手入れでは断然プレシジョンの方が使いやすいです。

4xをすでにお持ちでしたらわざわざプレシジョンを追加で買う必要はそれほどないと考えますが、今から「どっちを買おうかな」と悩んでいるのであれば

細かい箇所(口まわり、あご、指、ワキなど)を中心にお手入れをしたい
足や腕などの箇所もなんども充電しながら使えばいいじゃないかと考えられる

という場合は、プレシジョンを購入して手軽にレーザー脱毛を始めてみてください。

足や腕などもしっかりとお手入れが出来るぐらいの充電容量のあるものがいい
細かい箇所は、多少重い機器でも大丈夫

という場合は4x購入してがっつりレーザー脱毛を始めてみてください。

2週間に1回の繰り返しの使用で3ヶ月後!しっかりと効果を実感できます!

トリアの脱毛器4xよりも価格が安いプレシジョン

4xとプレシジョンは、何が違うのかというと・・・「1回のフル充電あたりの使用時間」と「重さ」、「形状」、「出力の段階」・・・ぐらいでしょうか。

脱毛レーザーの力(脱毛効果)は、4xもプレシジョンも同じです。

ではなぜプレシジョンは存在するのか?

それは!小さい箇所の脱毛をもっと快適に手軽に行ないたいという要望に答えてくれる形だから!に尽きます。とにかく口まわりもそうですが、手や足の指の毛のお手入れをするのがとても楽です。

機械をポーチから取り出すのも簡単、細かい部分のお手入れは、面積も少ないのでプレシジョンの1回の充電量で口・手指・足指のお手入れが充分に出来ました!

※両ワキは、充分な回数を照射したほうがよいので、1回のプレシジョンのフル充電で片脇をまんべんなくお手入れするぐらいの時間をかけた方がより効果があります(片方100回ぐらい照射:5分くらい)。

【定価】
4x→¥54,800 (税込)送料無料
プレシジョン→¥36,800 (税込)送料無料

現在、現金値引&プレゼントキャンペーン実施中!

公式サイトで実施している「最大10,000円値引き」に加え、こちらのリンクからの購入限定で更に「最大8,000円相当のプレゼント」をお付けします。

☆★☆━━━━━━━━━━━━★☆★
【2週間限定】夏肌応援Wチャンスキャンペーン
期間:2015年7月29日(水)~2015年8月11日(火)
☆★☆━━━━━━━━━━━━★☆★

▼トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X
キャンペーン:期間中キャンペーンコードを使って購入すると、なんと10,000円割引!!更に8,000円相当のトリアオリジナルビーチバッグ&タオルをプレゼント!
【キャンペーンコード:TRIA4X】
トリアプラスと交換してもらったトリア4x

▼トリア・パーソナルレーザープレシジョン
キャンペーン:期間中キャンペーンコードを使って購入すると、3,000円割引!更に2,000円相当のトリアオリジナルエコバッグをプレゼント!
【キャンペーンコード:TRIAP】

プレシジョンも割引&プレゼント付き!

01.png

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする